買い替えに最適!人気の婚約指輪や結婚指輪をパートナーと上手に選ぶ

メンズネイリストを目指す
自分に合ったネイル学習の環境を作るために知っておきたいこと
男性ネイリストとして働くために知っておくこと

結婚指輪を買い替える~日頃の感謝を愛する人へ伝える~

婚約指輪や結婚指輪と言えば、これから結婚をしようという若い人たちが購入するものというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、最近は40代や50代で改めて結婚指輪を購入することが人気のようです。なぜそうする人たちが増えているかを解説したいと思います。

これからも連れ添っていくパートナーのために

結婚して長い年月が経つと、夫婦共に歳をとるので体や好みなどに変化が出てくるものです。例えば、20代の頃の指サイズに合わせて購入した結婚指輪がはめられなくなったというケースも少なくありません。また、シンプルで日常生活に支障がでないデザインを選んだものの、年齢に合わせてデザインに変えたいと思うこともあるでしょう。この先もずっと一緒に連れ添うパートナーのために、改めて節目に結婚指輪を新調することは大きな意味があります。

結婚指輪の買い替えに適した時期とは

金の結婚指輪

結婚指輪を買い替える時期は大きな節目の時期を選ぶ夫婦が多いようです。例えば結婚して10年や20年経った時の記念やこれから二人の絆を確かめあうために購入すると良いでしょう。結婚した時は指輪にかけられる予算が少なかったけれど、今なら素敵なものを用意できるという場合は買い替えすることをおすすめします。

婚約指輪と違って結婚指輪はシンプルで丈夫な物が人気

プラチナの結婚指輪

毎日身につける結婚指輪は、大きな宝石や豪華な装飾がされた婚約指輪とは違い、シンプルで丈夫なつくりになったものが人気です。丈夫さだけでいえば、ピンクゴールド、チタン、イリジウムなどの金属がおすすめです。人気の素材であるプラチナを指輪に使いたい時は、Pt900やK18のような他の金属を混ぜることで丈夫にし、指輪が作られます。ただし硬くて丈夫であれば傷もつかないというわけではなく、柔らかい素材の方が傷つきにくいことも知っておきましょう。

高級の結婚指輪をプレゼントする場合はジュエリーショップ選びが重要

信頼性の高いジュエリーショップを探す
高級な婚約指輪や結婚指輪を選ぼうとする時ならなおさら、名古屋にもあるような有名なジュエリーショップでの購入が安心です。結婚指輪は一生身につけて大切にしていくものになるので、定期的なメンテナンスも欠かせません。そんな時にも気軽にお願いできるスタッフがいるショップで購入することがおすすめです。安心できるショップの選び方は、いろいろと希望をあげて相談し、結局買わなかったとしても、対応が雑になることのないスタッフであることが挙げられます。希望にあまり沿わない高価なものを出してきて、その後ようやく希望に沿った物を見せるような駆け引きをしてくるスタッフがいないことなどもポイントになります。
ブランドの種類や歴史を調べる
婚約指輪や結婚指輪を扱うブランドは、それぞれ強い思いを持って指輪の制作にあたっています。そのため、そのショップにいるスタッフも指輪を探している側の立場で親身になって相談に乗ってくれるブランドが多いのです。自分たちがどのような結婚指輪を用意したいかという気持ちに合ったブランドと出会うことができれば、納得のいく指輪を購入することができるはずです。例えば、専門的な知識をもったコンシェルジュと相談できたり、宝石をより美しく見せるカットにこだわりつくしていたりすることが挙げられます。名古屋で二人にぴったりなジュエリーショップで結婚指輪を作りましょう。

カップルから支持されているおすすめのジュエリーショップ探しなら、下記の口コミ・評判サイトを使うと手早く見つかります。

高級指輪は素材選びから

素敵な指輪をつくるためには素材選びも大切です。素材の性質などによってできあがりもさまざまなので、どの素材を選ぶかを大切にしましょう。

婚約指輪や結婚指輪と言えばやっぱり「プラチナ・ゴールド」

丈夫で長くつけられる、それでいて美しくシンプルな結婚指輪をと考えるカップルに人気の素材は「プラチナ・ゴールド」です。婚約指輪の場合も、ベースとなる部分にプラチナやゴールドはよく使われています。プラチナは変質・変色しにくくいつまでも美しい指輪でいることができ、ゴールドも粘質・変色がしにくいほかファッション性の高さに魅力があるのです。美しさと丈夫さを兼ね備えるために、プラチナとゴールドを混ぜて作る指輪も人気があります。

プラチナを見分けるポイント

プラチナは大きく分けて3種類
結婚指輪に人気の素材であるプラチナは3つの種類があります。この3種類とは「Pt900・Pt950・Pt1000」で、その中でも結婚指輪に向いているものとそうでないものがあるのです。それぞれの数字はプラチナの純度によって大きくなり、Pt1000は最も純度が高いといえます。ただし、純度が高いほど指輪に良い素材となるかといえばそうではなく、Pt1000はむしろ結婚指輪には適さずあまり使われない素材となっています。
結婚指輪ではプラチナは900Pt~950Ptが使用されている
結婚指輪として向いているプラチナの種類は、Pt900・Pt950で法律規制の関係上海外ブランドではPt950が使われています。またPt950はPt900よりも重さがあり高価という特徴がありますが、日本の職人があえてPt900を選ぶのにも理由があるのです。それは作業がしやすく、その分集中して繊細な作業をすることができるということが挙げられます。それにPt900はトラブルが最も少ないことも特徴で、安心して使い続けることができる点でも選ばれている素材といえるのです。
耐久性を求めるなら「ハードプラチナ」がお薦めです
結婚指輪によく使われるプラチナの中でもより丈夫で耐久性がある指輪にしたい場合は、ハードプラチナがおすすめです。例えばPt950にルテニウムという金属を2%混ぜることでハードプラチナになり硬さが増します。細い指輪にする時は特に向いている素材と言えるでしょう。しかし丈夫になるものを作る過程では気泡ができやすくなり、指輪が完成した後にトラブルになってしまうケースがあるのです。そのため、職人は気泡が入らないように注意して制作しなくてはなりません。

素材はもちろんのこと、デザインや石にもこだわった人気の指輪を探すなら下記の口コミを参考にすると「欲しい」と思えるものに出会えますよ。

TOPボタン